スポーツ

正しい選手の配置

第04号, 2020

正しい選手の配置



この国が主催するジュニア ワールドカップ チャンピオンシップ(男性チームは2017年で女性チームは2021年に開催予定)の計画と、国内での効率化されたプロリーグトーナメントとよりよい機能を持つべく改善された下支えの仕組みをもって、インドのフットボールはその再復活を目前にしています。

国際フットボール(サッカー)の運営組織であるFIFA(国際サッカー連盟)の前会長であったセプ ブラッターは以前にインドはフットボールの“眠っている巨人”だとコメントしたことがあります。彼のこの言葉はインドは世界で二番目に多い人口を持ちながらこの世界で最も知られているスポーツの場面で過小評価されていると感じているこの国インドの多勢の人々の共感を呼びました。このクリケットが好きな国でフットボールは多大な数の支持者を得ることに成功していなかった事実は確かにありますが、でもこのスポーツはインドのある部分では十分に盛んなのです。コルカタ、プネ、ゴア、スリナガール、それに北東インド部分ではフットボールは他のスポーツを制して素晴らしい活動をしています。この事実に否定的な人々はそのような活動は衰え行く路線にあって、インド代表チームはいまだかって国際アリーナで何らの成果もあげていないではないかと反論するでしょうが、本当のところはこのスポーツの強化革命は徐々にフットボールグラウンドで顕著になってきているのです。過去5年の間にフットボールはインドで急成長してきているのです。

このスポーツに対する増加中のファン基盤の大きなきっかけになった動機の一つはこの国で開催されてきているワールドカップ チャンピオンシップ獲得の年齢層です。17歳以下(U-17)からなるチームが世界最強チームと2017年のワールドカップ、これはインドが初めて主催役を務めたものでしたが、このスポーツのインドでの人気増加に相当な加速的影響を与えました。この大イヴェントが成功裏に終了して以来、インドにおけるこのスポーツにはそれに関与する人々の意向に沿って大いに期待されてきたインフラの変化がみられるようになりました。国際スポーツイヴェントに登場するようになった若年選手からなるインドチームはU-17チームでコロンビア、ガーナそれにアメリカ合衆国のような強豪チームと対決するにいたったのです。インドはまた、2021年2月のU-17女性ワールドカップの主催国となることになっていて、ほかのいくつかの世界的規模のイヴェントの主催を目論見済みで, このことは草の根的、あるいは赤子レベルのフットボールエコシステムのより系統だった構築を可能にするものです。

(左-右):AIFFの会長のプラフル パテル、連邦国務大臣(I/C)青年スポーツ省のキレン リジジュ、FIFA 主任女性フットボール オフィサーのサライ バレマン、それにFIFA 主任のユーストーナメンツのロベルト グラッシがニューデリーでのFIFA U-17 女性のワールド カップの公式スローガンの打ち上げ時に。

国際的場面への出現

インドが年齢別に構成された選手によるワールドカップ から引き出せる最大の利点の一つはインフラが – それがすでにあるスタジアムとトレーニング施設であろうと、あるいはこのスポーツへの新規投資の増加であろうと – 改良されてきているという事実です。FIFAはこれらのイヴェントを主催するために合意される必要のある許可についての厳格な規範を保有していて、その結果として選手たちは世界規模の施設で競技することになります。 女性によるワールドカップもまた、開催地の選択は国中でおこなわれているスポーツへの認識を広げるということの目的に基づいたものです。このような地の一つはグジャラット州のアーメダバードで、もう一つはオディシャ州のブーバネスワァールです。もう一つ違うことはインドは実際には女性のU-17チームを立ち上げようとしていることです。力をつけてきている選手を選び出すために選抜試験が国中で行われてきていて、これらの実力を伴った選手は世界規模の施設で用意を整えさせられ、そのイヴェントに備えるのです。

夢を生きる

すべてのスポーツ人は本質的にその人のやり抜く意思、彼または彼女が決してあきらめない強い意志の持ち主かどうかによって査定されます。プレイする人が困難に向き合うことがあるのは当然のことで、そこで決意と激しい努力でその障害を乗り越えてこそ勝利できるのです。スニール チェトリは彼がニューデリーにいる間、年長グループのフットボールに参加していたものでした。それから次の数年の間、彼はモウウン バガンで投球することは殆どありませんでした。彼はベンチに座っていることに慣れっこになってしまいましたが以前よりも2倍頑張ってそのフットボールクラブでプレイされているフットボールの水準に達しようと練習に励みました。 こうして3年間、彼は頑張って3年目にやっとJCTフットボールクラブに加えてもらうことができました。でもまたそこでも入団を許されてから2年間試合に出してもらえることはめったにありませんでした。そこででもチェトリはチームと一緒に練習に励み、だれもがその場所にいなくなってもまだ練習を続けて、3年目に彼はとうとうそのクラブの最高ランクを勝ち得ました。彼は2006年から2007年にかけて彼のクラブを2位のフィニッシュにもちこむことに成功して、やっとのことでJCT FCのための11ゴール(上部第5位)を決めて彼もまたその年のインドのプレイヤーのタイトルを獲得できたのです。その後の彼のこの球技の熟達ぶりは完全な鋭い急カーブを描いて成長しましたがそうなっても彼は過去を振り返ることなくいつも前進を目指していました。彼は30歳をはるかに超えても練習に手を抜くことはありませんでした。

国内戦線

このような全世界的規模で催されるイヴェントがインドで行われるようになってきていることで、その競技への人々の期待や熱意が煽り立てられることになるだけでなく、国内での人々の動きにも明らかな増加傾向がみられるようになり、それにつれて試合の質の判断基準も相対的に高められることになります。

コルカタでのイギリスとスペインとの最終試合を前にしてインドのFIFA 2017 U-17ワールドカップのトロフィー

国が完璧に機能する国内エコシステムを維持している場合のみその国の最高の技量と才能を持つ競技者たちを国際水準に押し上げることが期待できるのです。スポーツは2014年に浮上したインドスーパリーグ(ISL)の登場を以てそっくり再構築されました。全インドフットボール連合会、すなわちAIFFの新構想であるISLはインドで日ましに名高くなっていっているイヴェントであり、インドがアジア全土のスポーツの立脚地にもなることの助けになっています。ISLが国際的競技者高度に適合したプロ競技者たちの世界レベルの訓練をみせ、多くの若い競技者たちと新進の才能をもつ競技者たちがそれを見て大いに学ぶことができたのです。去年のAFC(アジア フットボール

インドのキャプテン アマルジット キヤムとアメリカ合衆国のジョシュ サージェントがニューデリーでFIFA U-17 ワールドカップ試合の前にレフェリーとともに

書きとどめられた成功

加えて、試合促進のためのいくつかの政府の作成して計画があり、それらが試合を促進する目的で2017年のミッションXI ミリオンという表題で考案されました。この企画は学校レベルのスポーツにもりこまれるものです。この企画の主たる目的はインドの全州にまたがる37を越える都市と12,000の学校で行われる1千百万人の子供たちにフットボールへの情熱を植え付けようとするものです。インド国スポーツ協会はこのスポーツを振興させるためにいくつかの目標を定め、それらはSAI訓練計画(STC)や、上級クラスの競技者たち用の中核的訓練研究機関の組み立てたSAI訓練計画(STC)と呼ばれています。 AIFF戦略プラン(2019-2022)は11,000人のジュニアレヴェルの競技者(12歳以下)が2022年までに200の’ベビー‘リーグ間で試合をするプランです。協会は少なくとも一つのリーグ(その一つずつが13歳、15歳、それに18歳のプレイヤーからなっている)を2022年までにインド国の各州につつがなく運営することを計画していて、これはインドのフットボールに大きな刺激を与えることを意図した企画です。

スポーツがこのような方向に動くにつれて2022年までに計画されることになっている殆ど18,570人に達するコーチ(現在は9,357人)と15,000人のレフェリーがこのうまく組み立てられた競技計画に直接的に関連する発展活動で認可を受けることになります。2019年現在、60を越す免許の降りたフットボール アカデミーがインドで設立されています。2015年から2016年にかけてはわずか12しかなかったアカデミーの数が急速な増加を遂げたわけです。

将来にむけて

インドのフットボールは非常に競争力に優れ、プロフェッショナルです。ISLは新規のフランチャイズ、振り込み、その他の機能を備えた潤滑油をたっぷり塗った機械の様に作動しています。大企業は最近の例としてはISLに所属する伝説的な東ベンガルのコルカタに一世紀も前から存在するフットボールクラブスポーツゲームに資金提供をしています。インドのためにプレイする年長者のメンバーで構成されたもまた国内と国際の両方での巡業ゲームで成果を上げています。インドが現在必要とするものは最低限、限定された一つの特定地方と同期して存在するトップリーグです。プロのレベル技術を持つチームとその他のチームとの連結システム、改善されたインフラ、それにそれらのチームの活躍を可能にする環境がそろえばインドのフットボールの燃え上がる炎をさらに煽り立てるために必要なことのすべてです。

アルジュン パンディトによる記述

アルジュン パンディトは前フットボール選手でゴアのサルガオカールFCのようなトップクラスのクラブでフットボールをプレイしていた人です。パンディトは負傷したのちにやむなくフットボールをやめてスポーツジャーナリストとアンカーの役に転職しました。彼はスターやジー、その他のようなインドの代表的ネットワークに登場して長年の間420グラムとなずけた彼のシヨーに出演してインドのフットボール関係の記事を専門に積極的に論評を続けています。
error: Content is protected !!