遺産

ナワブのコルカタ

第03号, 2019

ナワブのコルカタ

アヤンドラリ・ドゥッタ |著者

第03号, 2019


アワドの最後のナワブであるワジド・アリ・シャーがイギリス人によってベンガルに追放されたとき、彼は喜びの街にミニ・ラックナウを作りました。彼の玄孫(4代)のシェーンシャー・ミルザは、過ぎ去った日々の栄光を思い起こします


40年前、オスカー賞を受賞したサタハジット・レイ監督が、彼の象徴的な映画、シャトランジ・ケ・ヒラディ(1977年リリース)の数多くのショット、コルカタ郊外のメティアブルズのイマンバラ撮影ましたが、の場所の選択は、おそらく意図されたものであったのでしょう。コルカタ南西部のメティアブルズにあるイマンバラは、アワドの10番目で最後のナワブであるワジド・アリ・シャーが、イギリス軍に追放された時に、亡命した場所でした。このナワブと彼の王国の支配の衰退を微妙に描いた映画の撮影の場所として、そこは完璧な場所でした。今日、ワジドアリシャーが1856年までにここで過ごした31年間を示す遺物は、広大なイマンバラ、彼の亡命開始からほぼ10年後に建てた素晴らしいモスクのシャー・マスジド、そして、玄孫のShahenshah Mirzaの記憶でした。ナワブをラクナウから追放した時に、イギリス軍は彼の慰めを奪っただけでなく、彼の土地と財産を没収しました。しかし、回復力を持っていた王は、決して敗北することはありませんでした。彼はメティアブルスに彼の好きな都市のレプリカを作りました--彼は以前のカルカッタにラクナウを再現しました。彼は動物園を作り、カイトフライング、ラクナウ料理、音楽とダンスのラクナウ・ガラナ、そして、ラクナウの刺繍chikankariを紹介しました。エリート・ベンガリスは王の文化的な素晴らしさに感銘を受け、ベンガルをラクナウの王室の遺産に関係付け始めました。

内側から撮影されたシブテナバード・イマンバラの入り口

バンガロー

コルカタでは、彼はメティアブルズのバンガロー11を住居にしました。そこは、かつて最高裁判所長官であったサー・ローレンス・ピールの自宅でした。ナワブがその家に引っ越した時に、彼はそこをスルタン・カーナと改名し、その地域が「ドゥニヤビ・ジャンナ」、すなわち、地球上の天国に変化し始めました。今日、そのバンガローはBNRハウスと呼ばれ、南東鉄道の総支配人の住居となっています。建物への入場は制限されていますが、南東鉄道の許可の下に、ツアーを行うことが可能です。

リトル・ラクナウ

ナワブの時代、王室の側近に同行してメティアブルズに定住した彼の家族や裁判所のメンバーは、彼らが地元にいた時のように、質素なウルドゥーや、シェルワニス、チュリダール、サルワール・カミーズ、シャララ・ガララのようなアンサンブル、コックファイティング、カイトフライング、レスリングのようなスポーツを普及させ、ムシャイラ(詩のシンポジウム)を開催しました。アワドの支配者たちは食物の偉大な愛好家であり、同じ情熱がメティアブルズでも保たれました。「この時期に、王室の伝統であるカブータルバージ(鳩の戦い)が行われるようになり、ナワブ自身は約24,000羽の鳩を所有していました。ムール貝、ビリヤニ、バター(ヤマウズラ)、ナルギシ・コフタ、ムタンジャン、シーマル、サルダなどの美味しくてエキゾチックな料理が、ベンガルまでナワブに同行してきたアワドのシェフにより、ロイヤル・キッチンで調理されました。コルカタのエリート・ゲストには、豪華なごちそうが振る舞われました」とShahenshah Mirza氏は言います。 しかし、ナワブの死とともに、栄光の時は衰退しました。彼が死んだ時には、ワジド・アリ・シャーの土地の広さ257ビガ(昔の土地の広さの単位)で、およそ20棟の建物が建てられていました。今日では、モスクのみが残っています。

ShahiMasjid – Iron Gate Road

名前が示すように、Iron Gate Roadのゲートは鉄でできています。それは王の土地への入り口を示していました。この道路には、185657年頃に建てられたシャヒ・マスジッド、別名ロイヤル・モスクがあります。それはおそらく、ナワブが彼の個人的な使用のために建設した最初の建物だったと思われます。彼は、毎日の5回の祈りを日課とする人々に、祈りの場所として提供し、招待しました。誰も来ない時には、彼は、自分で祈りました。その構造にはドームやミナレットはなく、噴水はありますが機能しません。現在はワズ(祈りの前のお清め)に使用されています。

Bait-Un-Nijat Imambara

Bait-un-Nijat Imambara(救援の家)は、Kamal Talkiesの近くのGarden Reach Roadに建てられています。また、フセニア、アシュカーナまたはイマンバラとも呼ばれ、宗教儀式のための会堂です。実際、ナワブは1863年に、家族とともに、ムハーラムを記念してそれを建てました。この平屋の建物には、スカラップ型のアーチ、緑の雨戸、および鋳鉄の手すりがあります。

シャヘンシャ・ミルザ

シブテナバード・イマンバラ

彼の墓があるシブテナバード・イマンバラでは、ナワブが豊かな生活を好んだことを見ることができます。ラクナウのバダ・イマンバラのレプリカは、実物よりもはるかに小規模なもので、1864年に建てられました。その豪華さは、磨かれた大理石の床、ベルギー製のガラスランプ、華やかな織物に見ることができ、これらはすべて、ナワブによってラクナウから持ち込まれたものです。メインエントランスの上にはアワドの紋章があり、その上には「ハムサの手」と呼ばれる開いた手のひらがあり、これはイスラムで最も神聖な5人を象徴しています。壁には、ナワブの詩とイスラムの伝承の画像が飾られています。展示ケースには、ナワブ自身によって書き写されたと言われているコーランなど、さまざまな記念品が含まれています。

 

ベガム・ウムダ・マハル・イマンバラ

ベガン・ウムダ・マハルのイマンバラは、ベンガル出身のナワブの妻の一人のために建てられました。Sibtainabad Imambaraの西に位置し、このimambaraの外観は荒廃しています。内装は劣化していますが、驚くほど美しいです。王族の遺品の大部分は破壊または盗難され、ナワブのラクナウを示す物はほとんど残っていませんが、いくつかの博物館で展示されている物もあります。「彼の死後、ナワブの有名な屋敷は解体され、一時の繁栄は別の形になり始めました」とミルザは言います。しかし、希望は生き残ります。「コルカタは長い道のりを歩んできました。市内のほとんどの歴史的建造物で、多くの修復作業が行われていて、おそらく、ナワブの栄光も生き返るでしょう」と彼は付け加えます。

アヤンドラリ・ドゥッタ

アヤンドラリは、情熱による放浪者であり、職業として言葉を巧みに操る人であり、選り抜きのホームシェフでもあります。新しい地形、本、お茶、アダを探索し、そのようなものにより、アヤンドラリは構成されています。物事に対する好奇心により、彼女は前進し、探求し続けることができます。
error: Content is protected !!