スポーツ

成功へのこだわり

第02号, 2019

成功へのこだわり

マリカバジャジ |著者

第02号, 2019


ラニ・ラムパル選手は、ハルヤナ州のシャフバドという小さな町で育ち、インドの女子ホッケーチームを率いるようになるまで、能力を向上させてきました。これは彼女の話です

チャンピオンは一晩では作られません。彼らは、彼らが勝つのを助ける特別な取扱説明書や遺伝子の特別なセットを持って生まれている訳ではありません。インドの女性ホッケーチームのキャプテン、ラニ・ランパルの物語には、チャンピオンになるために本当に必要なことの教訓が含まれています。彼女の献身的な努力、忍耐力、集中力、そして規律により、彼女は今日のインドのスポーツの最も有名な顔の一つとなっています。ハリヤナ州のシャフバドの小さな町に住むカート引きの娘として生まれ、その質素な生活から、アルジュナ賞の受賞者となるまで、ラムパル選手の話は本当に感動的です。

ランパル選手は、彼女の旅をインド展望で紹介することに同意し、彼女が最初にスポーツを始めたのは、彼女がわずか6歳の時だったと話してくれました。「ホッケーしか知りませんでした。私の故郷の誰もがスポーツをしていました。2010年ワールドカップで国を代表する選手に選ばれたのは14歳の時で、ナショナルチームで最年少の選手でした」と彼女は言います。

ランパルは、ナショナル選手として成長する間、ジェンダーの偏見と社会的圧力に直面しなければなりませんでした、しかし、彼女はインドのためにプレイをするという彼女の究極の目標を失うことはありませんでした。彼女は家族から離れて暮らし、自分の夢をかなえるために自分の生活を支えました。彼女は同年齢の普通の少女のように正式な教育を終えることができませんでしたが、自分の道を切り開く過程で、ジェンダーの固定観念を打ち破ることにも成功してきました。

ランパル選手は2016年に、前大統領プラナブ・ムカジーからアルジュナ賞を受賞しています

彼女は、若い功績者として、名高いアルジュナ賞を受賞したことに感謝の意を表し、成功のために彼女を指導し続けてきた彼女のコーチであるドロナチャリャ賞の受賞者のサダル・バルデヴ・シン選手に感謝の意を表しています。

ラムパルと同様に、新しい地方部族出身の若いアスリートたちが、インド農村部の夢、スキル、そして能力を国の最前線へともたらしています。ハイエンドのスポーツテクノロジー、都市のインフラストラクチャーや資源から遠く離れ、これらの子供たちと彼らの熱心なコーチは、彼らが持っている地方の資源を利用して、彼ら自身のためにインフラストラクチャーを作り出し、デジタルネットワークを活用して、スポーツアカデミーやスポンサーたちとつながってきています。彼らはまた、地方ではメディアの報道が不足しているようなマイナスの状況についてもよく知っていますが、そのようなことは、彼らが大きく夢見るのを止める障壁にはなりません。

ラムパルと同様に、新しい地方部族出身の若いアスリートたちが、インド農村部の夢、スキル、そして能力を国の最前線へともたらしています。ハイエンドのスポーツテクノロジー、都市のインフラストラクチャーや資源から遠く離れ、これらの子供たちと彼らの熱心なコーチは、彼らが持っている地方の資源を利用して、彼ら自身のためにインフラストラクチャーを作り出し、デジタルネットワークを活用して、スポーツアカデミーやスポンサーたちとつながってきています。彼らはまた、地方ではメディアの報道が不足しているようなマイナスの状況についてもよく知っていますが、そのようなことは、彼らが大きく夢見るのを止める障壁にはなりません。

この才能ある選手は、インドのホッケーの歴史を作り上げてきたともいえるでしょう。ロシアのカザンで2009年に開催されたチャンピオンズ・チャレンジトーナメントで、ラムパル選手はチームと共には決勝で4ゴールを決めてインドの優勝に貢献し、同年に開催されたアジアカップではインドチームの銀メダルに貢献しました。彼女はまた、2013年に、ドイツのメンヒェングラットバッハで開催されたジュニアホッケーワールドカップでのトーナメントのプレーヤーとしても選ばれました。さらに最近では、ラムパルと彼女のチームは、2017年に日本の岐阜県各務原で開催された女子アジアカップで優勝し、インドのアジア大会では銀メダルを獲得して2018年のシーズンを終えました。

ラニ・ランパル選手、2013年にジュニアホッケーワールドカップの決勝トーナメントでプレーし、銅メダルを獲得しました

多くのインド人は現在、彼女の故郷であるシャフバドを、彼女の出身地として知っています。この国際的なプレーヤー、ラムパルは、インドのホッケーチームで戦ってきた成果を認めはしていますが、満足はしていません。彼女はさらに上を目指しています。彼女は自分のチームに自信を持っており、自分自身とこのチームメイトの信念を持って、2020年のオリンピックに出場し、金メダルを獲得するという2つの目標を達成するために、絶え間なくトレーニングを重ねてきました。

キャプテンを務めている彼女は、比類のないスキルでフィールド内で貢献するだけでなく、インドの女性ホッケープレーヤーの地位向上に向けて、フィールド外でも活躍しています。彼女は才能のある女性ホッケー選手たちを個人的に指導し、彼女たちが代表チームに加わることができるようにその努力を支援してきました。彼女はインドの村々を回って、才能のあるホッケー選手を探しています。

ラニ・ラムパル選手は、2018年にアムリトサルにあるクハルサ・ホッケーアカデミーを訪問した際に、若い選手たちにフィールドホッケーの指導をしました

ランパル選手はまた、スポーツ省のイニシアチブである5分間のケレガ・インディア、タブヒト・ジーテガ・インディアにも貢献しています。このイニシアチブは、ケロ・インディア青少年競技大会中にユニオンスポーツ大臣ラジャヴァルドハン・シン・ラソレによって始められ、学校レベルでのスポーツの振興を目的としています。

このスポーツスターは、女性が心身ともに健康であることを望んでいます。「女性にはスポーツが必要です。プロのスポーツ選手になりたい人だけでなく、心身の健康を維持したい人にもスポーツは最適です。心身が健康であることは幸せな生活のための基本であり、全てのインド女性の心身が健康になることを希望しています」と語っています。

マリカバジャジ

グローバルメディアの起業家兼スポーツキャスターMallika Bajajは、スポーツジャーナリズムの分野で有名な名前です。メルボルン大学を卒業したバジャジは、女性を鼓舞し、デジタルメディアプラットフォームを通じて若者に力を与えることで知られています。彼女はロンドン大学でメディアとコミュニケーションの修士号を取得し、そこで23歳のときに自分の会社を設立するための知識、スキル、自信を身に付けました。
error: Content is protected !!