成功

起業家の育成

第01号, 2020

起業家の育成

MS サブラマニアン |著者

第01号, 2020

TN ハリは |著者

第01号, 2020


一群の新時代企業はインドでのの頭文字を取ったスマートビジネスを行う新たな環境をインドのもつ諸問題の確信的解決策を 得ることに焦点を当てて初めて創り出した成果物です。

辺境のインド村に住む農夫が彼の畑の土質をチェックして種まきにかかる前に彼の住む地域限定の天候情報を入手したり、携帯電話を使って彼の飼っている家畜の動きを遠くから辿るなんてことができるようになるなんて想像してもごらんなさい。興味深いことには、この国における進化した携帯電話技術の出現と革新的農業技術のスタートアップの爆発的成果の効果でこのようなことはもはや想像の世界の産物ではなくなったのです。それに農業だけがインドが解決しているミクロレベルの問題というわけでもありません。しかし、ごく最近まで多くの第一世代のインドの起業家たちはこのような地域の問題解決や最先端の技術を使うことから怖がって逃げていたのです。このような事例を実現化するための大胆なベンチャーへの出資がないことが、結果として手早く手堅い現金入出量を生み出すことのできるようにする問題解決策となるビジネスを立ち上がらせなくてはならないのにそれができないということになる理由の一つと言うことができます。このような地域の抱える問題の解決策には消費者の動勢と低価格という二つのポイントに変革が必要にあります。常にこれらの問題解決策にはより長い在胎期間とスタートアップの現金燃焼率が必要となります。この事実は高額の資金と根性と豪勇さまで持つ投資者たちの必要性とつながります。インドでの比較的小型の市場可能性を考えるとき、そのような投資家たちはいままでインドへの投資に二の足を踏んできました。

ナレンドラ モディ首相が国の新時代ビジネス支援のため政府資金で設立した企業であるスタートアップ インドの発足会で演説しているところ

大きな交代

しかし、2006年に作られた頭字語であるBRICS(南アフリカは2010年に加えられたのですが)はブラジル、ロシア、中国、並びに南アの勢力を反映した五つの主要な伸び行く国家経済を持つ国の連合体ですが、これが先進国の世界から台頭する経済を持つ国々へと経済活動と経済力への移行のきっかけをつくったのです。この事実はインドの消費者の力の大きさとその潜在能力に対する世界の見解を変化させました。資本を得る巨大な好機 - 欧州の産業革命後の運命、または第二次世界大戦後のアメリカ合衆国の運命を形作った好機と同等規模の大きさへの移行です。この移行はインドのマクロ的経済情勢を世界に知らしめ、インドの成長ストーリーに投資することがベンチャーキャピタルとヘッジファンド会社の新しい命題となり、スタートアップ会社に燃料を注入する役目を果たし、その事実がテクノロジーの使用が地域の問題の解決に集中して向けられるという事態の出発点になりました。言ってみれば、新世界が既に到着しているのです!

先住民の創新 

  • インドのすべてのスタートアップの18%を越える会社が今ではディープテク領域のてこ入れをしています。2014年にはこの数字は只の8%でしたがいまは40%もの年平均成長率となりました。
  • インドのスタートアップはこの国で推定6万の直接業務と13万から18万の間接業務を創出しています。
  • インドは世界中で三番目にベンチャーキャピタル会社が多い国です。この形態の会社は2025年までに4倍増すると見込まれています。
  • 2019年までにインド国内で設立された9,000のスタートアップのうち、1,050社はヘルステックで20%はアグリテック;18%のスタートアップはAI,ブロックチェイン、ビッグデータ、ロボティクスなどを活用しています。

新天地

スタートアップインドとディジタルインドのような連邦統治のプログラムで考案された解決策は新時代の起業家たちを支えて、より手際よく高い効率での革新を助けることになります。このいい例がインドスタックでこの企業はディジタルインドの基盤となるプラットフォームとなりました。API(アプリケーションプログラミングインターフェース)の益々拡大を続けるセットであるこのプラットフォームはその上に則ってテクノロジー企業と政府が成長し革新を続けることのできる技術的、共同的インフラを備えています。インディアスタックもまたインド国内での専門家相互のゆるんだネットワークはどのようにしてオープンズソースが20年前にパロ アルト(アメリカの多国籍サイバーセキュリティ会社)が達成した成果のきっかけを作ったかを再生してみせています。金融包摂に焦点を当てる、すなわち銀行口座を持たない人々を正式な銀行システムに乗せることに目標を定めてインドの支払インフラ、UPI,即ち決済会社のユナイテッドペイメンツインターフェイスは巨大な成功を収めてきています。

其の他の解決策 

新時代の起業家たちは小規模企業起業家精神をもって全体的なエコシステムを創立しました。その起業家精神はもしうまく取り扱えば国内においての雇用の枠組みとその雇用情勢を変化させる能力を持つものです。一つの例がスタートアップのビッグバスケットで、これはインド最大のオンラインの食物と乾物類の店舗です。この店舗は単に都会住まいの顧客にサービス提供をするのみならず、殆ど1万人に及ぶ農民と緊密な仕事関係を保っていて、科学的農作業実施について農民たちを教育していて、この行程を経ることによって農民たちの生活向上を図っています。

ゾマト のディーピンデール ゴヤル/CEO(左)とパンカジ チャダー/COO,ゾマトのグルガオンのオフィスで;

同様に、オラ(相乗りサービス会社)、スウィッギー(オンラインでの食物の注文と配達プラットフォーム)、それにアーバンクラップ(家庭生活タイプのサービスを提供する)というような数多くのその土地固有の技術プラットフオームが都会暮らしの需要に対処するのみならず、より弱小な起業家たちのために公平な競争の場の設立に協力し、仕事を増やし、収入を平均化する努力をしています。旅行やツーリズムのジャンルではオンラインのスタートアップのトリップアドバイザーとゾマトの2社は突然のように今までにない速度で小さな観光地とレストランの発掘率を増加させました。大きな着目点はこれらの新時代の起業家と彼らの会社の活動はただ単にスマートビジネスの提供にとどまらないということです;彼らは数々の共同生活体を活性化し日ごとの生活で人々が直面する問題を解決しています。ですから殆どの教育機関はいまでは起業を教える部門を持っていて生徒たちは卒業前からこの方面の勉強を始めていることは驚くに値しません。未来のビジネス歴史学者たちはこの10年をインドでの起業家発生の分水嶺であったというに違いありません。

ベンガルルに拠点を置くビッグバスケットの設立者たち、このビッグバスケットは25のインドの都市に8百万の顧客を持っています。

MS サブラマニアン

MS サブラマニアンは現在ビッグバスケットでの解析機能取扱部門を率いています。彼は解析部門でのリーダーを20年に亙って経験してきました。彼は業界および学術フォーラムで解析エクスパートとして度重なる講演をしてきました。

TN ハリは

TN ハリは数多くの若い起業家とスタートアップ企業へのアドバイサーであり指導者でもあります。彼はまた、ファンダメンタム(インドのスタートアップ界の長老によって設立された成長ファンド)での顧問弁護士をも務めています。彼はビッグバスケットのHR部門のトップであり、今ではスタートアップHRガイと呼ばれて有名です。
error: Content is protected !!