進歩

ヒョウの国

第01号, 2021

ヒョウの国

Daulat Singh Shaktawat |著者

第01号, 2021


インド政府がこのほど発表した報告書によると、インドのヒョウの個体数は60%増加したという。これは、世界の他の地域でヒョウの数が急速に減少している中、インドの保護活動にとって大きな成功と言えます。野生生物保護活動家のダウラット・シン・シャクタワットによる分析

先日、インドでヒョウの個体数が大幅に増加したことが発表されました。インド政府が2020年12月21日に発表した 「2018年のヒョウの現状 (Status of Leopard in India,) 」 によると、インドのヒョウの個体数は、2014年の7,910頭から2018年の12,852頭まで、4年間で60%の増加を記録しています。報告書によると、インドの現在のヒョウの個体数のうち、東北地方には141頭のヒョウが生息しており、シヴァリック・ヒルズとガンジティック・プレインズの範囲では、1,253頭のヒョウが記録されています。中央インドと東ガーツ山脈には8,071頭のヒョウが生息し、西ガーツ山脈には3,386頭のヒョウが生息している。興味深いことに、報告書には、サンプリングの不備により、記録された数が実際の数字よりも低くなる可能性があるとも書かれている。

インドのヒョウの数は1960年代後半に減少し始めました。しかし、政府や独立組織による広範な保護活動の結果、その数は大幅に増加しています。

 

西ベンガル州のジャルダパラ国立公園で野生に戻されるメスのヒョウ

 

ヒョウだけでなく、近年、インドの森では、トラやライオンなどの大型ネコ科動物の数も増えているという。今回のヒョウの増加は、インドが野生動物の保護に力を入れていることの証しと言えるでしょう。インドのナレンドラ・モディ首相は、ヒョウの保護に取り組む人々を祝福して、「いい知らせだ!ライオンやトラの後、ヒョウの個体数は増加する。動物保護に取り組んでいる皆様、おめでとうございます。私たちはこのような努力を続け、私たちの動物が安全な生息地で生きられるようにしなければならない。」とツイートしました。

インドには約15種類の野生の猫が生息していますが、その中でもヒョウ(Panthera pardus)は大型猫の一つで、最も美しく機敏な動物です。ヒョウは、そのユニークなスキルと適応性で知られており、それによって生き延びてきました。インドはアフリカ以外では最大の生息地であり、世界の他の地域では脅威にさらされているため、この地で動物が繁栄していることは非常に心強い。ヒョウは、高山ヒマラヤ、ラジャスタン州の砂漠の最西部、グジャラート州のラン・オブ・クラッチ、西ベンガル州の三角州スンダルバンスを除く、インドのほとんどの地域に野生で生息しています。生息地は、鬱蒼とした森林や開けたジャングル、低木地帯など様々である。また、ムンバイ、ベンガルール、マイスルなどの都市周辺にも生息しています。

ヒョウの適応能力の高さは、人間との直接的な対立をもたらします。「ヒョウの現状」報告書では、インドにおける種の保護活動に脅威を与えている多くの要因のひとつとして、この要因を取り上げています。

グワハティのアッサム州立動物園で生まれたばかりのヒョウの子供たち。

この種に影響を与えるその他の主な要因としては、インフラ整備プロジェクトや密猟がある。環境森林・気候変動省は、人間とヒョウの衝突に関する一連の運用ガイドラインと、そのような状況に対処するためのベストプラクティスを定めている。このガイドラインの目的は、ヒョウと人間の衝突を減らし、ヒョウの移動を抑制し、緊急時の衝突シナリオに対処するための改善方法を提案することにあります。

報告書によると、ヒョウにとって2番目に大きな脅威となっているのは、道路、鉄道、送電線、運河などのインフラ整備で、これらはインドの経済発展を支えるために必要なものですが、野生動物にも悪影響を及ぼします。インフラ整備は、必要となる森林の面積は比較的小さいかもしれませんが、その影響は不釣り合いに大きく、結果的に野生生物のコリドー(回廊)を破壊してしまいます。インドでは、生物多様性の保全とインフラの成長を調和させるために、野生生物が生息できる保護区の設置や強化、主流化のアプローチの採用など、いくつかの取り組みを行っています。

インド国内の森林では、ヒョウを含むすべての大型ネコ科動物を監視・保護するためにテクノロジーが活用されています。カメラトラップ法と無線テレメトリー技術は、これらの動物の行動を理解するために使用されています。これにより、動物のライフスタイルに関する情報を収集し、様々な脅威から動物を守り、人と動物の衝突を防ぐことができます。

インド政府は、植林、生息地の改善、厳格な保護措置、関係州における野生の回廊の形成などに向けて、厳格かつ絶え間ない努力を行っています。この継続的な取り組みにより、森林面積と野生動物の数が大幅に増加しました。「インド森林状況報告書(ISFR)2019」によると、全国レベルで森林・樹木面積が5,188平方キロメートル増加しており、これがヒョウを含むすべての野生動物の増加に貢献しています。

ラダックのヘミス国立公園に生息するユキヒョウのペア。インドでは、ラダック、ジャンムー・カシミール、シッキム、ウッタラカンド、アルナチャル・プラデーシュに生息する希少な大型ネコ科動物

Daulat Singh Shaktawat

Daulat Singh Shaktawat is a wildlife conservationist and a naturalist, and the former Dy Conservator of Forests at Ranthambore National Park. He has published a book titled My Encounter with the Big Cat and Other Adventures in Ranthambhore. He is also a consultant of the World Wide Fund (WWF)-India and a member of the members of State Level Standing Committee.
error: Content is protected !!