最後のページ

インドの印象

第05号, 2019

インドの印象

インドの展望 |著者

第05号, 2019


音楽への情熱  

村スリバイニサヒブの住民のために, パンジャブ州ルディアナの村1日は音楽で始まり、音楽で終わります。スリ・ビニニ・サヒブには子供時代のすべての子供がいます から古典音楽を始めるというユニークな伝統があります。ボーカルレッスンからディルルバ、サーランギ、シタール、タールシェーナイ、ラバーブなどの民族楽器に至るまで学ぶことができ、音楽が生活の中に溶け込んでいると言っても過言ではありません。この村の子どもたちは学校に通ったり、ゲームを楽しんだりするだけでなく、音楽の授業にも欠かさず出席しています。

先駆け

第1回目のインド総選挙は、1951年10月25日~1952年2月21日に行われました。1,949人の候補者がロークサバー(下院)の489議席を争い、7,500万人以上が投票に訪れました。これは当時の選挙活動としては、最大規模となります

最初のインド研究チームは21人のメンバーで構成され、1982年1月9日に南極大陸に到着しました。国立海洋学研究所の所長ザイード・カフール・カシムがチームを率い、ダクシン・ガンゴトリをインドの研究基地として初めて南極に設立しました。

物理学者チャンドラセカール・ラマンは「ラマン効果」と呼ばれる光の散乱に関する革新的な研究で、ノーベル物理学賞(1930年)を受賞した初めてのインド人となりました。

ビューティフル・マインド

「ブラーマ・スプタ・シッダーンタ」と呼ばれる数理天文学の研究で最もよく知られているブラーマグプタは、インドのラージャスターン州出身です。彼は数字としてゼロを使用した最初の人物であり、ゼロで計算するためのルールも定めました。 1929年に生まれたシャクンタラ・デヴィは数学的計算の天才と呼ばれる人物でした。驚くことに、若干8歳になるまでにマイソール大学とアンナマライ大学で学力を発揮していたといいます。1980年には、ランダムに選ばれた13桁同士の掛け算をわずか28秒で解答し、ギネス世界記録にも記されています。

error: Content is protected !!