パートナーシップ

インド・バングラデシュ友好関係50周年

第02号, 2021

インド・バングラデシュ友好関係50周年

インドの展望 |著者

第02号, 2021


インドのナレンドラ・モディ首相が2021年3月に2日間の日程でバングラデシュを訪問したのは、バングラデシュの独立記念日、バングラデシュの象徴的な指導者であるバンガバンドゥ・シェイク・ムジブル・ラーマンの生誕100周年、そしてインド・バングラデシュ外交関係樹立50周年に合わせてのことだった。

インドのナレンドラ・モディ首相は、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相の招待を受け、バングラデシュを訪問しました。今回の訪問では、文化的・歴史的に両国を結びつけている強い絆を再確認することに加え、バングラデシュの独立・解放の金字塔であるバンガバンドゥ・シェイク・ムジブル・ラーマンの生誕100周年を迎えたことが主な目的でした。2日間の訪問(3月26日、27日)は、2020年3月にパンデミックが発生して以来、モディ首相の初の海外訪問となりましたが、両国の外交関係樹立50周年にも重なりました。今回の訪問は、両国の特別な絆を祝うとともに、今後の多面的な二国間協力のためのアジェンダを設定するものでした。

Indian Prime Minister Narendra Modi offered prayers at the revered Jeshoreshwari Kali Shaktipeeth in Satkhira, Bangladesh, during his twoday visit to Bangladesh;
右。バングラデシュを2日間にわたって訪問したモディ首相は、バングラデシュのサトキラにある「Jeshoreshwari Kali Shaktipeeth」で祈りを捧げました。

最終日には、モディ首相が主賓として出席し、様々な文化イベントが開催されました。隣国間で共有されている歴史を記念し、1971年のバングラデシュ解放戦争で勇敢に戦ったインド軍の殉職者を称えるため、バングラデシュのブラマンバリアにあるアシュガンジに記念館が建設されています。記念館の礎石は、モディ首相の訪問中に設置されました。モディ首相のバングラデシュ訪問時には、二国間協力の優先分野として、接続性の向上と、時間の経過によって損なわれた古いつながりの再構築が議論されました。また、両国は、ムジブナガルの町(バングラデシュ)とナディアの地区(インド・西ベンガル州)を結ぶ歴史的な道路を接続し、「シャディノタ・ショーロク」と名付けることを決定したことを発表しました。また、ダッカ(バングラデシュの首都)とニュージャルパイグリ(インドの西ベンガル州)を結ぶ新しい列車「ミタリ・エクスプレス」が開通し、人と人とのつながりがさらに強化されました。また、モディ首相は今回の訪問で、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相とともに、ダッカのバンガバンフ国際会議場にあるバンガバンフ・バプ博物館を落成しました。

Indian Prime Minister Narendra Modi (extreme left) and his Bangladesh counterpart Sheikh Hasina (centre) jointly inaugurated a digital exhibition on Bapu (Mahatma Gandhi) and Bangabandhu Sheikh Mujibur Rahman
上の写真 インドのナレンドラ・モディ首相(左端)とバングラデシュのシェイク・ハシナ首相(中央)は、マハトマ・ガンディーとバンガバンドゥ・シェイク・ムジブル・ラーマンに関するデジタル展示会を共同で発足させました。

インドとバングラデシュの二国間関係は、言語や文化が似ていることや歴史を共有していることから、人と人とのつながりに深く根ざしており、単に戦略的な検討の枠にとどまらないものとなっています。今回の訪問で、モディ首相は、両国の若者の交流を深めることを強調しました。若者との関わりを深めるための主な取り組みとして、バングラデシュの学生がインドで学ぶためのインドの「スワナ・ジャヤンティ奨学金」が挙げられます。また、バングラデシュのナショナル・カデット・コープス(BNCC)とインドのナショナル・カデット・コープス(INCC)の間で、両国の若者の交流を深めるための覚書が締結されました。

During his visit, PM Modi met with political leaders from Bangladesh to discuss diverse issues of India-Bangladesh bilateral relations
今回の訪問で、モディ首相はバングラデシュの政治家と会談し、インド・バングラデシュ二国間関係の多様な問題について話し合いました。

ASEAN諸国をはじめとするインド太平洋地域の国々との接続性を高めることを目的としたインドの「アクトイースト」政策にとって、バングラデシュは揺るぎない支柱として登場しました。過去を共有しながら未来を見据えてきた両隣国の二国間関係の軌跡は、相互信頼と戦略的・経済的優先事項の融合を示しています。今回のモディ首相のバングラデシュ訪問は、南アジアの人々の発展と繁栄という大きな目標に向けて、南アジアの協力関係をさらに強化するものです。

error: Content is protected !!