革新

自然の免疫性

第02号, 2020

自然の免疫性

インドの展望 |著者

第02号, 2020


現代においては、刻々とスピードを増して変化していく生活様式と癒しの技術への近代的な歩み寄りを持って、私達は知らない間に私達の免疫システムに私達の体にそれに対抗する力を与える余裕もないままに極微生物の攻撃を抱え込んでしまっています。ここではどの王に古代のものではあるが単純な訓練方法であるヨガが私達の免疫力を増大させ、より健康的な生活を送らせ、またその他の大変多くの事に役に立つのかを述べます。

人間の体は大方の場合自己統制が利き、保全能力と補修能力、それに保持能力を備えた実体です。自然は本来備わっている人体を癒す能力を持つものとしてデザインし、癒しという自然の法則が働いている限り私達の健康は欠けることは無いというのが私達がその人生でのすべての遭遇するものごととの自然な結果なのです。この我々に与えられている癒しの能力は身体的活力、或いは免疫性と呼ばれるものです。私達の体はその組織が神経システム、内分泌システム、それに免疫システムの相互作用を通じてバクテリアやヴィルス、有害タンパク、それに酸化ストレスから受ける攻撃から守る自立的なシステムを備えています。こんにちの世界ではこれらのシステムは我々の早いペースでかわる生活様式、ストレス、不健康な食事の習慣、それに病原体に晒されていることで絶え間なく危険と同居している状態におかれています。ヨガでのアサナと呼ばれる瞑想姿勢とプラナヤマと呼ばれる呼吸法はストレスを減らし、感染とアレルギーと戦うための体の免疫応答を改善するのです。ヨガの実践は免疫力を高めるとしてひろく認識されています。

ヨガと免疫

ヨガはこの免疫応答を適切な具合に調節するのに役立ちます。研究結果ではヨガがインフルエンザ流行時の個体群の中で免疫力を改善することを示しました。ヨガは包括的な生き方のシステムで、それはインドの慣習と文化に根差したものです。それは人に本来備わっている力をバランスの取れた形で発展させる訓練なのです。いまではヨガは健康的生活様式の一部として実践されています。ヨガはその精神的価値である健康保持に役立つ特質のゆえに世界中に広まっていて、疾病予防と健康促進と生活状況関連で起きる不具合を是正する役割に寄与しています。

ヨガの色々な効能をもたらすヨガ実践の一番有効で、有名なやり方の一つはプラナヤマとムドラスと呼ばれるものでこの二つを合わせたものが太陽礼拝であるスラヤナマスカルです。この方法は登ってくる太陽に向かって日の出時に行われるもので12の姿勢を繋げたものから成り立っています。これを規則的の行うことは身体の全てのシステムにエネルギーを呼び起こし、システム間に完璧は調和を確保するものです。これは身体を柔軟にして免疫力を高めます。

私達の体はもともと備わった免疫反応性を持っていますがその反応の中でも炎症が最も良く知られています。この反応は自然に起きる反撃であり、それが傷や感染の治療になる点で屡々大いに助けになるものであり、炎症は多くの場合、心理的、そして肉体的ストレスが続くと慢性化しますからそうなると私達の免疫システムは弱められてしまいます。殆どのヨガの体位は炎症を緩和して柔軟性を増進する全身的なストレッチを含んでいます。免疫は基本的なヨガの運動ででもその能力を強めますからこの事実は医学雑誌の行動医学ジャーナルとヨガへのハーヴァード メディカル スクール ガイドにもその研究結果が掲載され、出版されています:力と覚醒と柔軟への8週間という表題です。

現代においてヨガと瞑想のような行動を私達の毎日の規則的な行いに組み入れることはより健康的で、総体的で、一層の自覚のある生活様式を促進させるに役立ちます。

クリヤヨガを実践しての洗浄

クリヤスと呼ばれる洗浄のテクニックもまた過度の分泌を除き分泌免疫力を正常にするのを助けます。シャトクリヤスは体の内臓と内部組織を浄化するために使われたヨガの洗浄技術です。この技術に含まれる方法は毒素排出過程部分に含まれるもので体の臓器を清浄化し、活性化し、そして生き返らせて深い奥底の覚醒力を伸ばすものです。

プラナヤマはアシュタンガ ヨガの第4番目の構成素であり、これは気息とエネルギー、大まかに訳せば呼吸を整えることに関連するヨガです。このヨガ方式は呼吸を整えることによって活力を調整するのに役立つ訓練法です。プラナヤマの主目的は自律神経系をコントロールすることでそれによって精神機能に影響を与えることです。

人々が浜辺で日没の頃に蓮座を組んで瞑想しているところ

健康に関する考察

一つの物事に持続した集中力を保って注意を集中する過程のことは広く瞑想という表現で知られています。この湖とは全てのヨガ鍛錬における不可欠部分で心理的、霊的成長にとって役に立つことです。長い年月、規則的な瞑想は規則だった瞑想から得られるストレス除去の効能は落ち着きの保持を達成することとして知られてきていて、落ち着きを持つことは個体の健康にプラスの効果を与え、健康的な生活様式を促進させるとして知られています。

瞑想が抗不安剤の常用癖の克服や高血圧症、不眠症、偏頭痛、鬱病、心配性、其の他の精神身体上の病症の改善につながることで知られてきました。瞑想は心を安定させ、意識と集中力を増進させ、同時的に記憶力と迅速性の改善を力付けます。瞑想は又、精神、体、そして魂の若返りの手段としても効果があり、毎日の生活でのストレスの高い状況にも耐えて行けるように助けてくれます。

error: Content is protected !!