省は話す

インドの展望

前書き

February 5, 2020 省は話す

インドの2019年の統計では世界で5番目に若年層が厚い国で全人口のうち6千5百万人が25才以下という結果がでています;この事実はこの国の古代から継承されてきている風習が現代の若い世代の多いインド人口に如何に適切に受け継がれるかという疑問の惹起に繋がります。インディア パースペクティヴズ マガジンでこの問題を取り上げた論説によると5千年の歴史を持つインド文明が古くからの慣習と年代の推移を辿って受け継がれてきた現代文化を如何に許容するかの推論を読むこととなります。 最近の世界風潮をみると世界はインドに注目し始めていることはナレンドラ モディ首相が中国のキ ジンピン国家主席をママラプラムで開催された第二回インド-中国非公式サミット会議に招待し、アンジェラ メルケル独国 首相を5ラウンド目の政府間協議に招いたことで明らかです。この二つの二国間会議は近年に履行に移された新規で革新的なフォーマットで地球上の諸国との外交的絆を強化する目的でインドが再活性化した外交折衝の証です。我々インドはまたバンコックまで第14回東アジアサミットで東アジア諸国の結束を固めるために出かけ、我々東の国が結んだパートナーシップがインドの国家としての全体像とどうかかわってくるかを咀嚼することに努めます。我らはその後サウジアラビア王国にナレンドラ インド首相を代表にたて,二日間の日程での訪問を予定しています。 ヒンディ映画はつねに現代的傾向を非常に多く取り込んだ斬新的な映画を製作しているので、我々は映画の街ゴアで開かれる50回目にあたるインド(IFFI)国際フィルムフェスティヴァルに参加します。この催しはインドの地方映画や国内でのフィルム生産、それに 海外からのいくつかの最も好評を博した映画をも鑑賞します。我々はそのあと国民栄誉賞を獲得した俳優のアユシュマン クラナとであうことになっています。彼は彼が出演する現代の問題点とその問題点に取り組む人々に関連しその問題を惹起する目的を持つ映画でボリウッドに活力を与えています。 伝統的なヨガ教習所であれ、地域に根付いた芸術形式であれ、これらは我が国の最も奥深い田舎、あるいはインドの輝かしい過去の壮大な遺産を祝賀する数多くの祭で今も大いなる誇りをもって継承され、実行されています;21世紀の我らの文化との関連性は最小限に表現しても’言うまでもない‘ほどの確立した事実です。インドの文筆家としてのポップスターである作家アミシュもまた上記の事実を彼の見解をもって賛同して受け入れています。 我らはその後ヒマラヤ横断地域にあるスピティに足を延ばし、直截的で断固たる忍耐力に溢れた文化、時の試練を耐え抜いて生きのこって現代での兄弟愛、多様性と誠実性の完璧な見本となっている文化に触れてきます。その帰途、我らはいろいろなインドを象徴する各地に足を止めいくつかの最高に豊富な色彩に溢れた文化祭で展示されている我が国の種々のモザイク細工を見て写真に収めます。 ラヴィーシュ クマール

インドの展望

前書き

September 10, 2019 省は話す

その名が示すように、民主主義の最大の祭典の1つであるインド総選挙には、数億人のインド人が一票を投じるために参加しました。その大規模な委任に基づく、安定した透明なガバナンスの結果を私たちは見て行きます。私たちは、次に、2019年のG20サミットの開催地である日本の大阪を訪れ、確立した地位と革新的なアプローチを用いることにより、現在のインドの新しく改善されたイメージを世界の外交コミュニティに提示することを理解して行きます。また、21世紀において、急速に変化している多国間外交シナリオに対して、インドの外交政策がどのように適応してきたかを分析します。 インドと芸術との関連は、何世紀にもわたって遡る芸術的遺産に由来しています。この遺産は、世代から世代へと慎重に受け継がれていて、ほぼ完全に保存されています。2019年のヴェネチア·ビエンナーレでは、インド館が出展され、専門的にキュレーションおよび展示が行われて、その遺産は、世界的な注目を集めることに成功しました。それから、インド国内に戻り、コルカタの美しい文化的遺産を見て行きます。ベンガルの首都のラクナウの遺産は、アワドのナワブであるワジド·アリ·シャーの所縁の物です。ナワブの玄孫であるシェヘンシャン·ミルザ氏に、コルカタのミニ·ラクナウを案内してもらいました。 私たちは、俳優、作家、劇作家であった故ギリッシュ·カルナドを国民のチャンピオンにしたさまざまな演劇や映画のパフォーマンスを再訪した後、インドの映画の輝きを世界に示す毎年恒例のインド映画祭のためにニューヨークに旅行します。 私たちの写真セクションでは、国際ヨガデーの機会に世界中を少し旅行し、その世界的なイベントにおける多くの色合いを体験します。その後、セレブのシェフ、サラ·トッド女史とともに、美しく活気に満ちたグジャラート州アーメダバードを訪れ、美食を体験し、魅力的なツアーにご案内します。トレッキングはアドベンチャー旅行の最も人気のあるモードの1つになりつつあります。今号では、美しく威厳に満ちたヒマラヤ山脈を、きれいで、グリーンで、ごみのない場所として次世代に引き継ぐための活動をリードしている組織の人たちにお話を伺います。 次に、マシュルと呼ばれる伝統的な布地の旅をたどります。マシュルは、綿の快適さとシルクの優雅さを包含する優雅な布地で、ここ数年、その重要性が再認識されてきました。それから、オリンピックの銅メダリストであるGagan Narang選手をご紹介し、世界的な射撃場でのインドの若者の最近の進歩と成果を見ていきます。 最後に、私たちは、将来を見据えた理想と尽きることのない熱意により、インドの経済成長を加速させてきたトップレベルの起業家たちの何人かをご紹介します。また、すべてのインド人のデザインについての考え方の相違点について見て行きます。人類の最古の文明の1つとして、何世紀にもわたる知的進歩が「インドのデザイン」をどのように変化させてきたかを辿ります。

インドの展望

省は話す

June 12, 2019 省は話す

インドは、デジタルの分野で有力な国になる方向に大きく前進しています。インド展望の今号では、デジタル分野の新しい動きと私たちの新しいドメインをご紹介します。インド展望のウェブサイト www.indiaperspectives.gov.in は、これまでの全てのエディションのアーカイブを含み、読者の皆様のすべてのお気に入りのストーリーを、クリックするだけでご覧になることができます。 新しいデジタル出版をともなう今号では、インドで様々な任務を務めてきた官僚とともに、私たちの外交政策の最も大きな前進とも言える成果を振り返るとともに、ベンガル湾諸国による国際協力であるBIMSTECの動きをご紹介します。また、2018年4月の非公式首脳会議以降のインドと中国の関係を要約しながら、中国の武漢で行われた会談についての心に残る思い出を振り返りたいと思います。 世界の国によるインドについてのイメージは、この10年間で大きく変化してきました。私たちは、インド工科大学(IIT)マドラスにおける技術開発の事例により、この国をより良くするための原動力の一部となっている最も明るい側面をご紹介したいと思います。また、様々なオンラインストリーミングプラットフォームが新しいエンターテインメントの発表の場として注目を集めており、その数は急激に増えています。インドにおいて世界的な注目を集めているもう1つの側面は、外国からの投資へのアクセスが容易になってきていることです。この変化は、長い間、待たれていた政策の変化の一つで、インベスト・インディアのような政府が支援する組織が大きな働きを示しています。 また、国内で最も優れた2つの科学機関、インド宇宙研究機構(ISRO)と国防研究開発機構(DRDO)の成功についてご紹介します。ISROは、周回軌道へのEMISATの打ち上げにより、28の国際ビジネス衛星を複数の軌道に配置することに成功しました。一方、DRDOは、特別なロケットのほぼ完全な成功により、対衛星弾道防御システムを持つ数少ない国のグループに仲間入りしました。 写真特集セクションでは、インドの様々な場所における穀物ラビの収穫について、似ている面、異なる面を含め、収穫祭の驚きを経験します。さらに、心、体、そして魂をリラックスさせるウェルネスのアイディアを求めて、熟練した旅行者と共に、沿岸のカルナータカ州、ゴア州、ケララ州に向かいます。 最後に、私たちは、おいしい魅力的な美食体験を通じて、インド料理の新しい動きを経験し、その可能性を再発見します。そして、首都に戻り、ロドゥヒ地区を歩きます。ここは、インドの多くの地域で見られるようになってきた多くの公共芸術地区の最初の一つです。 私たちは、読者の皆様を、インドの展望の新しく改良されたバージョンにご招待いたします。ぜひ、お楽しみください。 ・鬣」ー・キ・蝪、・ッ・゙ー・

error: Content is protected !!