革新

NavICで武装し、インドは自立を主張!

第04号, 2019

NavICで武装し、インドは自立を主張!

ガジャナン・ケルガムカー |著者

第04号, 2019


インドの宇宙開発分野の発展は、科学研究における同国の進歩を証明しただけでなく、世界で最も強力な国と同等の場所を確保したと言えるかもしれません

まもなく、あなたは、スマートフォンや車でGPS(グローバルポジショニングシステム)をチェックすることをしないようになるでしょう!その代わりに、インド宇宙研究機構(ISRO)が開発した同様の機能を持つインド製のバージョンを使用するようになるでしょう。 モバイル用のプロトコルを開発しているグローバル・スタンダード組織の3GPPは、最近、国際および国内のインドの地域ナビゲーションシステムNavIC(インド・コンステレーション付きナビゲーション)モバイル・デバイス・メーカーによる商用利用を承認しました。

今日、ISROはこの成果を喜んでいますが、NavICの物語は1999年にパキスタン軍がカルギルに位置した時に始まりました。インド軍は、米国が所有する全地球測位システム(GPS)に、この地域の衛星データを求めました。ナビゲーションシステムは、インド・パキスタン国境の状況に関する重要な情報を持っていたと思われますが、インドはデータ提供を拒否されました。これにより、この国は、インドの自国製の衛星航法システムを持つ必要性を認識しました。

そして、201371日、インドはインド地域航法衛星システム(IRNSS)の最初の衛星であるIRNSS-1Aを打ち上げ、その後、6年間にわたり一連の衛星を打ち上げ、2018412日に、ついにIRNSS-1Lを打ち上げ、9つの地域航法機能を有する衛星の星座を完成させ、信頼性の高い衛星ベースのナビゲーション信号を提供することができるようになりました。

車両統合中のPSLV-C32(IIステージ)のホイスト。

2016428日に、航法衛星IRNSS-1Gの打ち上げに成功した後、ナレンドラ・モディ首相は、新システムを「NavIC(ヒンディー語のボートマン)と名付け、SAARC諸国もそのサービスを利用することができると述べました。モディ首相は「NavIC」は「インドの星座によるナビゲーション」の略称であると述べました。この打ち上げに伴い、インドはアメリカ、中国、ロシア、欧州連合(EU)などのエリート連盟に加わり、衛星ベースのナビゲーションシステムを所有することになりました。 しかし、旅はスムーズではありませんでした。しかし、いかなる方法も、ISROの精神を邪魔するものではありませんでした。その評判に応じて、ISROはすべてのリソースを確保しながら、8か月以内に、2018412日にIRNSS-1Lを打ち上げ、8つの衛星によるNavIC星座を完成させました。

首相は新システムを「NavIC」(ボートマン)と名付け
SAARC諸国もそのサービスを利用できると述べました

重量1,425 kgの衛星は、ISROとベンガルール・ベースのアルファ・デザイン・テクノロジーズの共同事業によって作られたものであり、民間産業が事業に大きく参加した2番目の衛星となりました。 NavICは、インド人が中心になって構築され、地上、航空および海洋航行、車両追跡と艦隊管理、災害管理、マッピングと測地データキャプチャ、およびドライバーのための視覚的および音声ナビゲーションを支援することを目的としています。また、NavICは、携帯電話と統合することが可能で、インド全域のハイカーや旅行者のための完璧なナビゲーションツールとなるように設定されています。利用者制限のあるサービスの機能も持ち、この部分は、ミサイルの配備や航空機の航行と追跡のために軍によって使用され、高度なアクセス機能を提供します。

アメリカのシステムと比較すると、興味深いことに、NavICはインド、インド洋とその周辺のみをカバーしているため、より正確であると考えられています。すべてのユーザーに提供する標準的な位置情報サービスとして、5メートル・レベルの位置の正確さを有しています。一方、GPSの位置精度は20-30mです。

インド宇宙研究機構(ISRO)は、IDSN(インド深宇宙ネットワーク)施設に、インド地域航法衛星システム衛星ナビゲーション・センターを開設しました。

NavICと共に、同国の宇宙機関は、インド空域の衛星ベース増強システム(SBAS)としてGPS支援ジオ・オーグメンテーション・ナビゲーション(GAGAN)プロジェクトにも取り組んでいます。ISROによると、インドは、また、このシステムが十分な機能を有しない場合に備えて、正確な位置を提供するためにインドによって開発されている独立した地域ナビゲーション衛星システムであるグローバルインドナビゲーションシステム(GINS)や、インドのユーザーだけでなく、その境界から1,500キロまで広がる地域への情報サービスを開発するプロセスを開始しています。これは、実装されると、世界で最も強力な国のいくつかと同等に、すべての強力なプラットフォームの開発に国家を推進するものとなるでしょう。インドは確かに発展を続けており、すべてのルールが発展を進めるように設定されていて、最後のフロンティアである宇宙開発分野も例外ではありません!

ガジャナン・ケルガムカー

ガジャナン・ケルガムカーは、編集者、勧誘者、ドキュメンタリー映画製作者のシンクタンク、ドラフト・クラフト・インターナショナルの代表者です。彼はドラフトの創設者兼編集者でもあります。彼は法律、外交、公共政策、国際問題に関する記事を、国境を越えて書いています。
error: Content is protected !!