進歩

都市計画の縮図: コルビュジエのチャンディーガル

第06号, 2021

都市計画の縮図: コルビュジエのチャンディーガル

インドの展望 |著者

第06号, 2021


チャンディガルは、おそらく20世紀の最も顕著な都市計画実験の1つというだけでなく、それは独立後インドにおける最初の計画都市の1つでもあります。スイス・フランス人の都市計画者・設計者・建設者ル・コルビュジエの最も偉大な建築創作物のうちのいくつかの出発点とし...

チャンディガルは、おそらく20世紀の最も顕著な都市計画実験の1つというだけでなく、それは独立後インドにおける最初の計画都市の1つでもあります。スイス・フランス人の都市計画者・設計者・建設者ル・コルビュジエの最も偉大な建築創作物のうちのいくつかの出発点として、チャンディガルは 計画都市のシンボルです。

20世紀の最も有力な建築家としてのコルビュジエ(1887-1965年)人気は、「現代主義」として一般に知られている建築様式へダイナミックなアプローチを導入して以来、際限がありません。建築様式における現代主義の出現以前は、ギリシャ様式、ローマ様式およびその他の様式が世界的な建築業界において支配的でありました。

基盤の形成
チャンディガルは、シバリク丘の丘陵地帯に絵のようにそびえていますが、「チャンディ」と「ガル」の混成語です。これは女神チャンディ、女神パールヴァティーの戦士の形から取っており、「ガル」は砦を意味します。その名前は、チャンディガル市の近の、女神に奉納した古代の寺院に由来しています。

その都市に都市設計を提供したのは、コルビュジエの独創的な考えと実行力でした。広い大通りは、チャンディガルの現在のすべての区域と結ばれており、各区域は、それぞれが学校、店舗および娯楽地区を備えた自給自足の近隣として計画されています。公園と並木道のある緑の区画は、コンクリートとブロック形の建物と完全にバランスがとれています。各区域は800m×1,200mであり、高速メカニズムの輸送に割り付けられて住宅地区から直接アクセス許可された道路によって囲まれます。

その都市に都市設計を提供したのは、コルビュジエの独創的な考えと実行力でした。広い大通りは、チャンディガルの現在のすべての区域と結ばれており、各区域は、それぞれが学校、店舗および娯楽地区を備えた自給自足の近隣として計画されています。公園と並木道のある緑の区画は、コンクリートとブロック形の建物と完全にバランスがとれています。各区域は800m×1,200mであり、高速メカニズムの輸送に割り付けられて住宅地区から直接アクセス許可された道路によって囲まれます。

基本計画
「チャンディガルは、自由で、現代的で、再生するインドのシンボルと見なされました」と、ホハリ・キャンパスの最高経営者およびインド・スクール・オブ・ビジネス(ISB)の副学部長プラディープ・シンが言います。彼は、当時のインド首相ジャワハル・ラル・ネルーおよび当時のパンジャブ州首相パルタップ・シン・カイロンが計画都市の夢を共有し、その夢を実現させるためにコルビュジエのリーダーシップの下で世界中から集めたことを、詳しく話しました。60年後のチャンディガルが依然として活発な国際都市であり、生き残って成長を続けているという事実は、コルビュジエのビジョンと見事な実行スキルの両方に対する賛辞となるものです。

「彼は、さらに時間というテストに耐えてきた新都市の文化と価値基準として都市を作り管理する新しい方法をも、私たちに与えてくれました。「私たちがチャンディガルの成功について話し合うという事実は、おそらくコルビュジエがインドに対して与えてくれた最大の貢献です」とシンは言います。

コルビュジエのビジョンは、事務局、立法府および高等裁判所を含む連邦議事堂複合体と呼ばれる集合体に明示されています。建築様式は主として彫刻的であり記念碑的です。チャールズ・コレアおよびバルリシュナ・ドーシ(この人はチャンディガル・プロジェクトにおいてコルビュジエと密接に協働した)のような建築家は、優れた建築家からインド式の現代主義についての概念を創造的に吸収しました。

「今日私たちは、良い都市は人間の選択の結果であり、その上質な都会生活は設計、実施、統治の問題であると、理解しています。「これらの教訓は、ナレンドラ・モディ首相によって発表された100のスマート・シティに向かって行くことと同じように、役立つはずです」とシンは結論づけました。

error: Content is protected !!