巡礼者の進歩

第04号, 2019

巡礼者の進歩



年、テレビシリーズのレイチェルハンターの美のツアーを撮影していた時、私は、ある夜遅くに、ニューデリーに到着しました。空港の外を歩いていると、私の心は興奮に満ちていました。未知のものを探検するのが待ちきれません

2015年、テレビシリーズのレイチェルハンターの美のツアーを撮影していた時、私は、ある夜遅くに、ニューデリーに到着しました。空港の外を歩いていると、私の心は興奮に満ちていました。未知のものを探検するのが待ちきれませんでしたが、それでも、それはすでに知っていることのようにも感じていました。私は空港近くのホテルに1泊し、翌朝、バラナシ行きの飛行機に乗りました。私の選択は多くの人を驚かせましたが、後から考えてみると、それは私がこれまでに行った中で最高の決断でした。そこは、信じられないほど強烈で、魔法のような、変革的な都市です。世界で最も古く最も神聖な都市の1つであり、シヴァ神がここに住んでいると言われています。バラナシの活気に満ちた文化には、最初は少し圧倒されるかもしれません。この古い街を理解するには、忍耐が必要です。バラナシの生きた遺産の魅力的な層が少しずつ、解けるのを待たなければなりません。

神聖で献身的な温かさを持つバラナシは、精神的に非常に重要な場所であり、世界中から信者を引き寄せています。私も信仰を求めてやって来ました。私の魂を補充し、西洋世界が従うものとは反対の生き方を発見するために。バラナシでの私の最初の朝は、近くの寺院からの聖歌の音で始まりました。ホテルの部屋の外はまだ空が暗く、しかし、街はすでに目覚めていて、主(あるじ)の日々の雑事に備えているようでした。インドで最も神聖な川の1つであるガンジス川の土手に沿って歩いていると、朝が特別なのは、目を見張らせる日の出だけではないことに気付きました。この体験を特別なものにしたのは、街の人々とその敬虔な雰囲気でした。

バラナシのガンジス川の日の出

ガンジス川に太陽が昇り、赤く燃え上がり、揺れるボートを沈黙させたとき、この街は、神と女神に祈りを捧げる古代の儀式を呼び起こしました。空気は祈る人々で満たされ、神殿を唱え、神殿を鐘で鳴らしました。一人の僧が、それにより神々が目覚めると説明してくれました。都市が生き返ったとき、川も生き返りました。信者は川と太陽の神に祈りを捧げ、子どもたちは水に飛び込んで大声で大喜びの水しぶきを上げ、ヨガ愛好家は土手沿いの階段でアーサナを練習し、ボートマンはボートに乗って早朝の乗り物を準備しました。私がボートに座っていると、その催眠の揺れが私の感覚に影響を与え、バラナシの街は幻想と夢のように川から上昇しているように見えました。その日、私が別の山道を歩いていると、マニカルニカに出会いました。そこでは、ヒンドゥー教の儀式に従って死者の火葬が行われます。私は、亡くなって、救いを求めた人々を敬う愛する人たちを見ていました。あたかも、この街で人生がサイクルを完了するかのようでした。 バラナシの探検の最後には、ハヌマナ神に捧げられたサンカットモチャン寺院を訪れました。静かな小道に挟まれたこの趣のある寺院は、そのシンプルさがユニークな特徴です。栄光あるハママナ・チャリサ(祈り)が唱えられ、神のお気に入りである猿たちが、敷地内を自由に歩き回っていて、彼らが床に座って人々が通り過ぎるのを見ている姿も魅力的です。

A バラナシの楽器を紹介する伝統的な店

バラナシでは、その献身を感じるためには、この街の何かを発見する必要があります。昨年バラナシに戻ったとき、ある晩、私はビシュワナート寺院の階段のふもとに座ってお経を聞いていました。そこに座って、お経のリズムが心の奥深くに響き渡り、生まれ変わったと感じました!バラナシを訪れることにより、新しい考え方を生み出し、内なる不思議を開き、好奇心旺盛な子供の目を通して人生を見ているように感じました。息を吸って息を吐き、魔法を始めましょう。

しなければならないこと

ヴィシュワナート卿寺院ヴァラナシの主要なシヴァ神殿であるヴィシュワナート・マンディール卿は、ドワサメド・ガートの近くにあり、そこから街の魂を体験することができます。
朝の散歩寺院の町の路地は生命の迷路です。店主は店の外の空いている通りを掃除し、その場しのぎの屋台で売られている神々のために、たくさんの花輪が置かれています。
サリーの店Banarasi(現在のVaranasi)サリーは、シルクに織り込まれた金や銀の複雑なデザインパターンにより、インドで生産される最高級の生地の1つです.

リシケシ

バラナシの次は、リシケシです。ウッタラーカンド州の精神とヨガの町で、ヒマラヤの麓にたたずみ、そこがインドで私のお気に入りの場所です。町の中をガンジス川が急速に流れていて、毎晩、群衆が壮大なアーティ(川岸で開催されるランプの儀式)に向かいます。バラナシにいる間、ガンジス川は見事な光景の1つです。リシケシでは、川は力強く静かですが、山を駆け下っています。夜が深まると、川に浮かぶボートの上で、人々が手に持つランプがきらめき、夜の帳に消えていくのを見ていて、私の心は変化して行きました。

リシケシの象徴的なワイヤー・サスペンション・ブリッジの1つのRam Jhoolaの眺め

クンジャプリ・デヴィ寺院も魔法の光景です。日の出の時間に、山を見下ろす寺院の魔法を体験するために観光ガイドを雇いましょう。ヒマラヤ山脈の上に昇る太陽を眺めながら、お経を唱えたり、静かに座ったりしてください。神殿が扉を開くと、司祭は信者を祝福します。

リシケシ近くのガーツ山脈での夕方のアルティの後の著者

町では、バラの風味のラッシー、スパイシーな屋台の食べ物、香の甘い香り、賑やかな会話、そしてお菓子を待つ店の外に立っている牛さえも、すべてが体験の融合です。この町で私が慰めているのは、どの寺院でもありません。これはすべて霊的な旅の一部です。私だけではなく、インドにおいて、偉大な巡礼は、多くの人生の基本的な部分で、単純に内面を見る方法であり、人間の自我がなくなり、人生を完全に探求することを可能にします。「世界の残りの部分が外部に旅行している間に、インドは内部に入りました」という格言があります。これは、魂に対するインドの約束を示すものです。何世紀にもわたって実現されている約束です。この国を受け入れてください、インドはいつもあなたを愛しています。

しなければならないこと

リシケシのヨガヨガを学び、実践し、体験することができる、最も穏やかな瞑想スポットと呼ばれる場所がいくつかあります。たとえば、ヴァシシュタ洞窟では、賢者ヴァシシュタが瞑想したと言われています.
オールド・リシケシリシケシの旧市街は、プージャ用品を売る屋台が並ぶいつも混み合っている市場のハブです。リシケシを歩き回るのは魔法であり、すべての光景があなたの心に刻まれたままとなるでしょう。
ガンガ・アーティ ここの夕方のアーティは私のお気に入りです。私は火の儀式を見ながら、夕日の時を過ごし、人々は川に花を捧げます。人々が持つ闇夜に浮かぶランプが、夜の帳に消えていくのを見ていると、心の持ちようが変わります。

レイチェル・ハンターはニュ

レイチェル・ハンターはニュージーランドのオークランド出身の国際的なスーパーモデルで、17歳でキャリアをスタートさせました。彼女はショー「レイチェル・ハンターズ・ツアー・オブ・ビューティー」の撮影中に、信じられないほどの経験をし、それを記録した本は、ベストセラーになりました。レイチェルはヒマラヤ山脈のふもとで、ヨガの古代の慣習を正式に研究しました。

Press Statement and Exchange of Agreements between India & Brazil

Issue 01, 2020

Press Statement and Exchange of Agreements between India & Brazil

インドの展望 |著者

Issue 01, 2020


...

カイラッシュマナサロヴァールヤトラ2019のドローセレモニー

Weekly Media Briefing by Official Spokesperson (January 30, 2020)

Issue 01, 2020

Weekly Media Briefing by Official Spokesperson (January 30, 2020)

インドの展望 |著者

Issue 01, 2020


...

公式スポークスマンによる週刊メディアブリーフィング(2019年6月6日)

EAM Dr. S.Jaishankar in conversation at the Raisina Dialogue 2020

Issue 01, 2020

EAM Dr. S.Jaishankar in conversation at the Raisina Dialogue 2020

インドの展望 |著者

Issue 01, 2020


...

2019年6月6日、ニューデリーで開催された第7回成長ネットサミットに外務大臣が参加

EAM’s remarks at the WEF India Economic Summit 2019, New Delhi on 4 October 2019.

Issue 01, 2020

EAM’s remarks at the WEF India Economic Summit 2019, New Delhi on 4 October 2019.

インドの展望 |著者

Issue 01, 2020


...

モルディブとスリランカへの首相の次の訪問に関する外相によるメディアブリーフィング。

error: Content is protected !!